メインイメージ

NK細胞を育てよう

老廃物の排出や便秘解消など様々な効果をもつ青汁ですが、実は人間の身体に元々備わっている免疫力を高めるためにも効果があると言われています。
このサイトの青汁で便秘解消のページも、参考になるかと思いますので、是非ご覧ください。


そもそも「免疫」とは、外から侵入してきた菌やウイルス、病原体などを発見し、それらのデータを取りながら戦いつつ排除する機能のことを指します。免疫系統といっても一種類ではなく、白血球や各種細胞などが存在し、それぞれウイルスを退治するために異なる役割を担っています。


そのなかに「ナチュラルキラー細胞」と呼ばれるものがあります。NK細胞などと略される場合もあります。ナチュラルキラー細胞というのはリンパ球の一種で、人間なら誰にでも備わっている抗ウイルス機能です。主に腫瘍やウイルスに対して抵抗する細胞であり、ガン細胞を抑制してくれるものなのですが、なんと青汁にはこのナチュラルキラー細胞の働きを活性化させる効果があると言われています。


青汁には微量のたんぱく質である「サイトカイン」という物質が含まれており、このサイトカインがナチュラルキラー細胞を活性化させてガン細胞を死滅させると言われています。単に食物繊維やビタミンが豊富なだけではありません。つまり、青汁を飲みつづけるとその分免疫力が上がり、かつ正常に機能し続けてくれるので、自然治癒力がさらに維持されるということになります。


また、ナチュラルキラー細胞は活性酸素を除去する働きもあるといわれています。活性酸素はエネルギーを生み出すうえで必然的に出来る物質ですが、これを放置しておくと生活習慣病やお肌のくすみ、しわ、その他身体全体の老化につながります。


ナチュラルキラー細胞が元気であればあるほど、そうした老化が防がれ、さらには風邪からガンまであらゆる病原体や腫瘍に罹患しにくくなると言われています。NK細胞自体は加齢にともなって活動が低下していきますから、まずは青汁を毎日飲み続けることが健康の秘訣といえるのではないでしょうか。
こちらの青汁の美容サポートについての説明も、ぜひご覧になってみてください。

トップに戻る