からだの調子を整える

1日何杯が効果的か

毎日飲み続けることが良いとされる青汁ですが、一日に何杯、どのタイミングで飲むのがベストなのでしょうか?


基本的には一日に何度飲んでも構わないとされていますが、たくさん飲んだからと言ってその分効果が出るわけではありません。最低1杯は必ず飲むようにし、消化吸収の始まる食前か、食べ物の栄養素を吸収し分解し始める食後が良いと言われています。一日のうちもっとも消化が活発なのは昼ごろですが、お昼に青汁を飲む余裕がない方は朝から昼、もしくは昼から夕方にかけての時間帯でも良いでしょう。


無理にたくさん飲むと、人によってはお腹を壊す可能性もあります。回数そのものを増やすより、毎日継続して1杯ずつ飲み続けることが大事です。特に青汁を牛乳で割って飲んでいる方は、大量の青汁+牛乳が身体に入ると食物繊維とカルシウムの相乗効果でお腹がゆるくなることがあります。ダイエット中の方が空腹を紛らわせるために飲む場合でも、胃の中を青汁と牛乳で満タンにしないように注意が必要です。


ですので、ダイエット中の方は食前に飲むことを心がけると良いでしょう。食物繊維は空腹感を抑えてくれるはたらきがあります。実はたくさん摂取しなくても、ちゃんと一定量の食物繊維を摂取していれば食事量を抑えることができるのです。
青汁だけで摂取するよりも、他のものと組み合わせた方が飽きないので続けやすいです。詳しくはこちらhttp://www.riffrag.org/ao5.htmlを参考にしてみてください。


ちなみに、食物繊維は過剰摂取すると便秘を誘発することがまれに起こります。たくさん飲んでいるのにトイレが逆に遠くなったと感じたら、青汁を少々控えて様子をみると良いでしょう。多くの場合、青汁製品のパッケージに1日の目安量が表示されていますから、この摂取量を守って飲むようにしたいですね。
自分に合った青汁の選び方はこちらhttp://www.bordenfrc.org/jibun.html


3回の食事ごとに少量ずつ口にしても良いですし、コーラや清涼飲料水など糖分のある飲み物の代わりや、おやつの代わり、温泉地やスポーツをしている時の水分補給にも活用できます。上手く生活の中に青汁を取り入れて、一日1杯の習慣をつけるようにしてみてはいかがでしょうか。
こちらの青汁の減量効果についての説明や青汁の健康効果についての説明も、ぜひご覧になってみてください。

↓あなたも青汁ダイエット始めてみませんか?