メインイメージ

グリーンスムージーとの違い

グリーンスムージーとは、フルーツ・生の葉野菜・水をミキサーで混ぜ合わせた飲料です。青汁と違ってフルーツが入っているので、甘味や適度な酸味があり、青汁よりも飲みやすいと感じる方が多いようです。毎日継続して飲むことによって、肌荒れや体調不良、さらには皮膚の炎症などが徐々に改善され、体調を良好に保つことができます。


もちろん青汁でもビタミンや食物繊維は摂取できるのですが、実際のところグリーンスムージーと青汁はどちらが優れているのでしょうか。
こちらのサイトでは海外で人気のプログリーンズについての解説があります。


栄養成分について

青汁ではなく「グリーンスムージー」と呼ぶためには、野菜とフルーツがバランス良く含まれていることが前提となります。野菜:フルーツが4:6の割合になると丁度良く栄養素が補給できます。栄養素は配合する野菜やフルーツによっても違いますが、食物繊維、カルシウム、ビタミンA・B群・C・E、マグネシウム・亜鉛などが主な構成となります。


同じ手作りにしても、野菜だけの青汁よりフルーツの栄養素が増えるので、お肌の調子を整えたり皮膚の炎症を防ぎたい方はグリーンスムージーの方が効果的かと思います。


また、糖分が摂取できるという点で、グリーンスムージーは青汁に対して優れていると言えます。青汁だけだと野菜の味そのものですのでちょっと物足りなく感じますが、スムージーなら適度な甘味によって満腹感も得られ、脳にも栄養を補給することができます。


グリーンスムージーの注意点

フルーツを大量に使うと、ビタミンなどの栄養素は増えますが、同時に糖分もたくさん摂取してしまうので注意が必要です。ふつうの青汁に比べてカロリーも高めになりますから、おやつ代わりにと思ってたくさん飲まないようにしましょう。ダイエットを行っている方は特にカロリーに配慮が必要です。


基本的にグリーンスムージーは自分で作り、その場で飲むものです。野菜やフルーツの鮮度はすぐに落ちてしまうため、保存はせずにその場で飲んでしまいましょう。面倒でも毎日コツコツと習慣づけてあげれば、きっとお肌や身体の調子も良くなってくるはずです。
こちらのサイトには健康レシピについての詳しい解説があります。オススメサイトですので、ぜひご覧になってみてください。

↓こちらで青汁をおいしく飲むコツを紹介しています
   

トップに戻る