メインイメージ

青汁で野菜不足をブロック!

現代日本人は慢性的な野菜不足に陥っていると言われています。
その為、栄養バランスが乱れるようになり…
「なんとなく元気が出ない」
「ポジティブになれない」
「心も体もいっぱいいっぱい」

そんな疲れがちな人が増えていると言われています。

そこで注目されているのが青汁です。
青汁は、いわば野菜を凝縮したジュース。
その優れた栄養価で、私たちの疲れた心と体を癒してくれるのが魅力と言われています。

毎日を若々しく元気に!

そんなイキイキとした日々を目指したい方に注目されているのです。

基本を見直そう!

健康と美容の基本は、何といっても食生活。
食生活で摂取する栄養素のバランスを見直して、健康の【スイッチ】を切り替えてみましょう。

運動不足を解消したり…
ストレス解消のための工夫をしてみたり…

意外と出来ることは多いものです。

その一つとして、注目されているのが青汁です。

野菜は太古から人間の体調をケアしてくれていた食べ物。
バランス良く食べることによって、健康の土台をつくってくれます。
そんな新しい【スイッチ】として、青汁を生活習慣に取り入れてみましょう。

世界的に見ても野菜摂取量は少ない!

実は、日本人の野菜不足はかなり深刻。
欧米諸国と比べれば野菜の摂取量が多そうな日本人ですが、実はアメリカやイタリア、カナダなどよりも野菜を食べている量は少ないんです。

国民の三割が肥満…肉中心の食生活…
などなど、なんとなく不健康なイメージのあるアメリカ人よりも、野菜の摂取量が少ないんです!

アメリカ人は1日あたり337gの野菜食べているという数値が出ていますが、それに対して、日本人は1日あたり278g。
その差は歴然です。

特に野菜摂取量が少ないのが「20代の日本人女性」で、平均摂取量は約219g!
比較的野菜の摂取量が多そうな50代以降の方でも、厚生労働省が定める基準値には到達せず、アメリカ人よりも摂取量が低く出ています。

ちなみに、厚生労働省が定める理想的な野菜摂取量は、1日あたり350g。
これを具体的な野菜の量に換算すると、プチトマトなら35個分。
ピーマンなら12個分、サラダを1皿70gとすれば、5皿分も食べなければいけません。

そう考えると、十分に摂るのはちょっと難しそう…
そこで注目されているのが、青汁なのです。

高品質な青汁を選ぼう!

もちろん、青汁と一口に言っても、様々な種類の製品があります。
美容や健康の土台を作り毎日をイキイキとさせる為に、数ある青汁製品の中から高品質な製品を選びましょう。
低品質な青汁では、思ったような効果を実感することができません。

高品質な青汁製品は、いくつかのポイントを確認しておくことで見つけることができます。
飲みやすさやコストパフォーマンスといった点ををチェックしながら製品を選んでいくことが大切です。

このサイトでは、そんな製品選びのポイントを整理しました。
誰でも簡単に優秀な青汁を選べるように、便利なツールも用意しています。

ランキング

お薦めの製品をランキングにまとめています。
ユーザーから高い評価を得ている優秀な青汁をさらに調査・厳選して紹介しているので、ぜひ、参考にしてみてください。
コストパフォーマンスに優れた満足度の高い製品だけをナビゲートしています。

・初めて青汁を選ぶ方
・どれを選ぶべきか悩んでいる方

に最適なツールです。

ランキングは、失敗知らずのお役立ちコンテンツです!
時間を掛けずに確実に優秀アイテムを選びたい方にもピッタリ!
ぜひ有効活用してください。

クチコミ

クチコミを参考にすることによって、実感度の高い製品を簡単に選ぶことができます。
すでに製品を使ったことのある方の意見をチェックできるのが魅力です。
味や飲み心地などの意見を聞けるので、とっても参考になりますよ!

お薦め青汁の体験談

数ある製品の中でも、私が特にお薦めしたい製品を体験談コラムにまとめました。
体験談を参考にすることによって、製品選びに関する満足度がぐっと高まります。

一番のお薦めはこれ

数ある青汁製品の中でも、私が一番にお薦めしたいのがふるさと青汁という製品。
このアイテムは、粉末のドリンクタイプですが、味にクセがなく、非常に飲みやすいのが特徴。
サラッとした飲み心地で、風味は日本茶のような感じ。
苦みやエグみがなく、ほのかに甘さも感じます。

メインの原材料に使用されているのは明日葉。
八丈島産の高品質な明日葉に大麦若葉と桑の葉を組み合わせています。
栄養のバランスが非常に良く、美容にも健康にも役立つ青汁です。

トップに戻る